粗大ごみの処分の相場は

###Site Name###

粗大ごみを処分するのに一番リーズなぶるな方法は、行政を利用することでしょう。


地域差はありますが、処分場に水から持ち込めば無料。

もしくは10キロ150円前後で処分してもらえるという地域がほとんどです。しかしその地域の住民でなければならない。
持ち込む前に役場で確認してもらわなければならない。
土日は受け付けられない。

粗大ごみの相場の情報を提供中です。

昼休み時間は避ける。


16時までに持ち込まなければならないなど、それなりに規定もあります。

真剣にOKWave関しての情報探しを行うならネットが便利です。

もちろん地方自治の管轄になりますので、そのような規定には違いがありますが、それでも大差ありません。
もし行政を介して回収してもらう場合には粗大ごみの品目によって一律1000円など、お金はかかります。



しかし先のような規定があるために、すべての人が利用できるわけではありません。

そういった場合には業者に依頼することになります。

業者に依頼すると粗大ごみ回収の相場は、業者や品目によって様々です。

たとえば鉄やレアアースの割合が多かったり、モーターを搭載しているといった物の場合には、買取ってくれる業者もあります。

しかし木製や布製など、必ず処分となるものについてはある程度の費用が科せられます。

タンスなどであれば一竿3000円から4000円、小さな電化製品であれば1000円から2000円。

もしリサイクル法の範疇の品目であれば、それにリサイクル料金も加算されることになります。一つ一つお願いすると、この程度の相場でも回収料金は高めになります。

軽トラック積み放題で3万円程度の相場で引き受ける業者もありますので、量が多い場合には軽トラック1台分でいくらといった料金設定がある業者に依頼した方がお得なケースも多々あります。