合宿免許のメリット・デメリット

自動車免許を取得するのに自動車教習所に通う方は大勢います。
自動車教習所は2通りの方法で運転免許取得に向けての教習を行っています。

通学制と合宿免許の2通りです。
どちらも学科・技術科目は同じ時間数ですが、教習所を卒業するまでのアクセスに違いがあります。
通学制と合宿免許では自由度に差があります。
通学制の場合は本人の都合によって教習所に通い学科や技術科目をこなすので卒業するまで、平均2~3カ月かかります。


合宿免許ではほとんどの教習所のプランでは2週間で卒業できます。
後者の方法は毎日学科と実技を行います。

2週間はほとんど自由な時間がないと等しい状態になります。


合宿免許では地方の教習所に行くので、旅行感覚や個人の見識を高めたい方や新たな出会いを求めている方も多くおります。

その為、人づきあいが苦手な方には2週間と言う時間は過酷な物となってしまう可能性があります。

また路上教習の時のメリットは道幅が広く運転がしやすいので運転に慣れるのには最適であります。



デメリットとしては交通量が少ない事によって免許取得後の街中での走行に課題を残すことが多く見受けられます。

通学制の方は街中での路上教習になるので交通量の多さになれる事が出来るので状況判断がスムーズにできるようになります。
料金は通学制より合宿免許での取得のほうが安い傾向にあります。



パック料金と言う考え方もできますが、教習所の人件費の問題が大きい為でもあります。

免許取得までのアクセスには違いがありますが、免許を取る本人の考え方によるのでどちらがいいとは言い切れません。

免許合宿の情報を求める人におすすめです。

言える事は日々の生活に無理をしたくないのであれば通学制、時間に余裕がありかつ旅行感覚も踏まえたい方には合宿制をお薦めいたします。